私たち日本人は過去、コミュニケーションについて学ぶことをしてきませんでした。
なぜならば誰もが「社会に出れば、そのうちに身につく」と考えていたからです。

しかし現代は、日本人にもコミュニケーション能力のアップが求められる時代となりました。
このサイトは、コミュニケーションやその能力のアップについて、最新の情報をお届けしていきます。


ごあいさつ

 このサイトにお越しいただき、ありがとうございます。
コミュニケーション・コンセプターの吉井伯榮です。

 あなたがこのサイトを訪れたきっかけは、いろいろあると思いますが、たぶん・・・
コミュニケーション 人間関係 のことをもっと知りたいと思ったから
ではないでしょうか。

 実際、「コミュニケーション」という言葉は、今や日本語化していて 外国語でありながら、
日常生活の中でも、かなり使う頻度が高い言葉になっています。

 いわば、誰もが当たり前に使う“公用語になっている”のです。
そのわりには、多くの人がコミュニケーションやその能力のことを
“よく知らない”という現実があります。

 数々の著名経営者を輩出しているハーバード大学が、
自校の経営大学院を卒業して成功している経営者に対し、
2003年、経営に関してのアンケートを実施したことがあります。
その中で、以下のような質問をしました。

「ビジネスで長期的に成功するために必要だと思う要素は?」
という質問です。

 大学側の予想を裏切って、第一位になったのは意外な要素でした。

 当初は、「戦略的な経営分析力」「マーケティング力」
上位に来るのではないかと考えられていましたが、
なんと、第一位になったのは、 『 コミュニケーション能力 』だったのです。

 なぜ経営者の多く(特に成功している経営者)が、
この要素を挙げたのかと申しますと・・・・・

“「経営分析力」や「マーケティング力」に関しては、
その道の専門家を置けば事足りるが、コミュニケーション能力だけは、
自分で身につけないと成功できないから“
という理由からでした。

 それ以降、ビジネス界では、「コミュニケーション能力」という要素が注目をされるようになり、
我が国においても、「企業が採用選考時に重視する要素」の中で、下記の図のように
「コミュニケーション能力」が、大きな要素となる時代に入ってきました。

企業が求める要素第1位はコミュニケーション能力

しかも、今やこの要素は就職活動を行っている学生にだけ求められている能力ではなく、
社会人にも広く求められる能力となっているのです。

実際、ビジネス界では、コミュニケーション能力の差については、
昇進や収入を決定する大きな要因だと言われるようになってきています。


さて、ここで簡単な質問をしますので、お答え下さい・・・・・・。

では、「コミュニケーション能力」とはどのようなものですか?
いかがでしょう・・・・

この質問に対して的確な答えが出せましたでしょうか?

私は大学で学生に対し、就職指導も行っていますので、
企業の方ともお会いする機会が非常に多いのですが、
これまで数多くの企業の採用担当者の方に対して
この質問をさせていただきましたが・・・・・
残念ながら明確な答えを出せた方は誰一人おりませんでした。



「コミュニケーション能力」を採用選考時に重視する要素の第一位に挙げている
企業側の採用担当者が・・・です。

しかし、この現状を責めることはできません。
なぜならば、コミュニケーションやその能力に関しては、
誰もが“過去、ちゃんと教わったことがない”からです。

つまり、感覚的にその意味合いは分かっていても、
いざ、自分の言葉で発するとなると どのようにまとめたらよいのか、うまく答えられない人が多いのです。

あなたもそうではなかったですか?

これは、算数の九九のように、体系的に習っていないのが原因です。
ですから、その都度違う答えや表現になってしまうのです。
では、「コミュニケーション能力」に関して、体系的に学べるものはあるのでしょうか?
残念ながら概論は学ぶことはできても、
コミュニケーション能力やその伸ばし方について学べるところは
今のところ“一部の例外”を除いて我が国にはありません。

私は数年前に、日本人の中に“コミュニケーション能力という言葉をよく 使うが、
それについてはまったく理解していないという矛盾“がある ことが分かりましたので、
アメリカの成功者が学んだ“コミュニケーション能力”について、
またその能力の伸ばし方について研究し、そしてこれらの全容を掌握しました。

さらに、私が1997年に世に出した行動パターン分析「サイグラム®」に
これらのノウハウをコラボさせ、
人生におけるコミュニケーション能力のポジションを明確化した
新しい“ライフマネジメントスキルの体系図”を完成させ、
これらの考え方とノウハウを私が主宰する会の会員の人たちに実験的に教えたのです。
その結果、驚くべき結果が・・・・・

何と、何名かの人が複数の業界で、年間売上高日本No1の成績を挙げたのです。
もちろんこの背景には、本人の努力があると思いますが、
その人たちは、私の話から“何かに気づいて”行動を起こしたのです。

コミュニケーション能力とその伸ばし方を学ぶことは誰にもできます。
しかし、これまでは、そうした環境や教えてくれる人がいませんでした。
でもこれからは違います。 “一部の例外”がここにあるからです。



実際、私自身もこうした研究をする過程で、
これまでまったく目に見えなかった人生での指針や
人生におけるコミュニケーション能力の体系が 目に見えて分かるようになりました。

皆様には、この機会にコミュニケーション能力とその伸ばし方について 学んでいただければと思います。
今回特別に、期間限定で
“年間売上日本一になった人たちが、人脈作りのきっかけにしているツール”
Core Map (コア マップ) を無料公開しますので是非ご活用下さい。


Core Map 無料登録はこちらから

平成24年11月
株式会社 オピニオン
代表取締役 吉井 伯榮


書籍『サイグラム 史上最強のコミュニケーション・メソッド』をお持ちの方へ。『大正生まれのタイプ早見表』は↓こちら↓からメールマガジンご登録後、無料ダウンロードできます。
2016年7月より(社)日本パーソナルコミュニケーション協会(JPCA)と統合いたしました。↓こちら↓から①年会員②月会員の順に協会会員としてご登録下さい

→既に会員の方はこちら


Home Psygramとは 活用者感想 会員 プロフィール 会社概要 お問合せ プライバシーポリシー